レベルについて

青色の筆算式

日本の学力順位が一番高い都市は東京で約30%、次に高いのが高知で約20%、その次に高いのが奈良県の12%になります。これは全国一斉で行った学力テストの結果になります。有名な学習塾ならこれを毎年一回ほど行います。ですので受験対策にとても力を入れていると言えます。世界を中心に考える学力順位は昔はそこまで高くはありませんでした。しかし最近学習塾や個別指導塾が普及し子どもたちにやる気が芽生え始めた頃から徐々にその順位も上げてきています。学習塾や個別指導塾がどうしてここまで受験対策に必要とされているのか、それは集団で行う授業では得られないメリットがあるからです。基本的に学校というものは集団で勉強し集団で行動します。これは社会でもうまく生活ができるようにと設けられた訓練でもあります。しかしここで生じる問題は能力の差になります。運動が苦手な人も入れば勉強が全般的に苦手と言う人も少なくありません。そして得意科目もひとそれぞれまったく違ってきます。集団で行う塾も一緒で、学校と同じように集団で授業を行う体制ですので延長線みたな感じになります。また、分からないところを集中的に指導してくれるわけではないので授業に遅れをとる事も予想されます。しかし、デメリットだけではありません。集団塾のゆな学習塾は他校の友人ができたり視野が広がりコミュニケーション能力も付きます。他にも受験対策に嬉しい情報やアドバイスをしっかりと聞くことが可能になります。対して個別指導塾の場合は、集中して勉学に励める事が可能になります。現在受験対策と言うことで学習塾でも平行して個別で指導しているところも多いです。また自分のスケジュールを自由に組めるので部活動との掛け持ちに最適と言えます。個別指導塾の強みはやはり分からない箇所を集中的に行える事にあります。ですので集団授業で分から無かった箇所を集中的に質問できるため自分のペースで確実に受験対策に負けない位の学力が身に付きます。他にも先生を自由に選べるのでその都度教科ごとに得意な先生をチョイスすることも可能になります。